AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

オンラインショップ


Macrobiotic 1月号(2008) 特集「カリ石鹸」 PDF


 

当サイトはプライバシー保護のためサイバートラストルートによるSureServerを使用しSSL暗号化通信を実現しております。

...

 

合成化学物質


まずは、化学物質と合成化学物質は全くの別物だということです。しかし、人によっては、「石鹸は化学物質によってできるから合成化学物質だ」と強弁される人もいますが、石鹸が合成化学物質と同じであるというのは「品種改良と遺伝子組み換えは同じ」というような味噌糞的であまりにも飛躍した論調です。又、事実を誤認させるような説明のウェブサイトも散見されるのでインターネットの情報には注意が必要です。


合成化学物質とは


人工的に物質の分子構造を組み換えてつくりだす物質のこと。
合成洗剤に代表される合成界面活性剤は自然界には存在しない物質です。 
そもそも、「合成」という言葉は、合成写真、合成皮革、合成繊維などの意味を考えればわかるように、単純に混ぜ合わせるという意味ではないのです。


化学物質とは


元素や化合物が結びついてできた物質のことを化学物質と呼びます。


化合物とは


2種類以上の元素が化学反応によって結びついた物質のこと。
たとえば、酸素や水といった物質が化合物です。
水や酸素も化学反応によってできた化合物であり化学物質です。又、このような定義により有機栽培のオリーブオイル(油脂)であっても、グリセリンと脂肪酸によってできた化合物です。


単純な化学物質


化学反応によってできる物質は自然界に無数に存在しますが、身近な物にも化学反応によってつくられるものが少なくありません。たとえば、豆腐はカルボン酸(大豆)と塩化マグネシウム(にがり)を化学反応させてつくります。又、石鹸も油脂(エステル)をアルカリ(水酸化K又はNa)で化学反応させると簡単にできてしまう程の単純な化学物質です。


 間違いやすい界面活性剤と合成洗剤界面活性剤



 戻る