AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

 ご利用上のご注意

 オンラインショップ 

 

当サイトはプライバシー保護のため米国サイバートラストルートによるSureServer を使用しSSL暗号化通信を実現しております。

 

合成化学物質とは


物質を人工的に分子構造を組み替えてつくりだす物質のこと。
たとえば、合成洗剤に代表される合成洗剤界面活性剤のような自然界に存在しない物質。

 

化合物とは


2種類以上の元素が化学反応によって結びついた物質のこと。
たとえば、酸素や水といった純粋な物質。

厳密に言えば、水や酸素も化学反応によってできた物質だから化学物質という言い方も定義によってはできますが、酸素や水は自然界に存在する物質です。

 

化学物質とは


科学的には元素や化合物が結びついてできた物質のことを化学物質と呼びます。
酸素や水も石鹸も化学物質と呼んでいますが、その中でも合成洗剤などは単なる化学物質とは別物であることから合成化学物質と呼ばれます。

 

鹸化とは


エステルをアルカリで化学反応させること。
たとえば、油脂(エステル)をアルカリ(水酸化K又はNa)で化学反応させたものが石鹸です。このように混ぜ合わせただけの単純な化学反応でできる石鹸は合成化学物質とは呼びません。


化学物質と合成化学物質の違い


人によっては、「石鹸も化学反応によってできるから合成化学物質だ」と強弁される人もいますが、石鹸が合成化学物質と同じであるというのは「品種改良と遺伝子組み換えは同じ」というような味噌糞的であまりにも飛躍した論調です。

本当のところはどう違うのでしょう。

実は、石鹸は豆腐づくりと同じようなものです。豆腐は大豆(カルボン酸)と塩化マグネシウム(にがり)を化学反応させてつくりますが、石鹸も油脂(エステル)をアルカリ(水酸化K又はNa)で化学反応させると簡単にできてしまう程の単純な化学物質であり、合成化学物質とは呼びません。

そもそも、合成という言葉は、合成甘味料、合成皮革、合成繊維、合成洗剤の「合成」とは全て同じ意味あいであることからも分かるように、単純に混ぜ合わせるという意味ではないのです。

つまり、石鹸は化学物質ですが、合成洗剤界面活性剤のような人工的に分子構造を組み替えて数段階の化学反応を経てつくりだす自然界には存在しない合成化学物質とは明らかに別物であることがご理解いただけると思います。
 


 戻る