AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

 ご利用上のご注意

 オンラインショップ 

 

当サイトはプライバシー保護のため米国サイバートラストルートによるSureServer を使用しSSL暗号化通信を実現しております。


研究開発 Research and Development 

肌の内部乾燥 | 髪の内部乾燥 | 薬用シャンプーの副作用 | カリ石鹸の優位性 | サーキュレーション


 

肌の内部乾燥

 
 
一般に洗剤は肌に良く吸着します。石鹸の場合は加水分解されて遊離脂肪酸となり吸着します。ところが合成洗剤の場合は、全てそのままの形で吸着されますので肌表面は親水性となります。そのため外気湿度が低い場合(たいていの好天時)は体内水分が肌から蒸発しやすくなります。この結果、肌内部から水分がドンドン失われて真皮に負担をかけるのです。その負担が肌の老化を促進します。これが内部乾燥の弊害です。

 


●合成界面活性剤で洗った場合

 角質層からの水分蒸散を防ぐための皮脂膜が全て洗い流され、皮膚は乾燥する。さらに、細胞間脂質やNMFが減少し、表面および角質層内部に水溶性の合成界面活性剤が吸着・浸透し、年月をかけて蓄積し内臓に負担をかける。
 


 


●ピュアポタッシュで洗った場合
 
 健康肌の角質層外面は皮脂に覆われている。これは洗浄によって一旦洗い流されるが、必ず洗浄剤が吸着される。

ピュアポタッシュの場合は遊離脂肪酸となり肌は酸性となる。また、天然グリセリンが皮膚保護クリームとなり、NMF(ナチュラル・モイスチャー・ファクター)を増強し、保湿効果が期待でき、ピュアポタッシュが再生するの疑似皮脂膜は皮膚を覆い水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守ることでシミ、シワの発生を抑制することにつながる。
 



 

Topへ

毛髪の内部乾燥



 毛髪はケラチン(たんぱく質)を主成分につくられており、柔軟性や伸縮性がある。毛髪のパサつきはケラチンが作られるときに必要なナイアシンの不足によることもあり、髪のケアは先ず食事が大切である。ダメージヘアになる原因は様々であるが、髪の洗い方や、シャンプーの種類によっても影響される。ウロコのように毛髪表面を覆い保護しているキューティクルはドライヤー等でダメージを受ける他に、蛋白変性作用のあるシャンプー(合成界面活性剤)での洗浄は、キューティクルが損傷し、艶や水分が失われやすい状態になる。さらに、すべての合成界面活性剤は毛髪に浸透し、髪の内部から水分を奪う性質があり、低刺激と言われるような非イオン系の合成界面活性剤であっても、弱酸性であっても残念ながら内部乾燥は避けられない。また、毛髪の表面を覆っている皮脂膜は頭皮にとっても大切であるが、合成界面活性剤で洗浄すると、皮脂膜はすべて洗い流され、その代わりに合成界面活性剤がそのままの状態で吸着し、頭皮の角質層(バリア)に瞬時に滲入し、細胞間隙から真皮、さらには血管を通り内臓に運ばれ体内に蓄積される危険性があることは、既に知られているが、頭皮の善玉菌(皮膚常在菌)にまで影響を及ぼすこととなる。頭皮の弱酸性を維持するのは弱酸性のシャンプーではなく、皮膚常在菌であるが、消費者にはほとんど認知されていない。合成界面活性剤で洗浄すると、善玉菌(皮膚常在菌)はすべて洗い流してしまう。さらに殺菌成分などの入ったシャンプーは善玉菌を死滅させ、頭皮の善玉菌バランスが崩れ、フケの原因菌や黄色ブドウ球菌等の悪玉菌が繁殖しやすい頭皮環境になる。



  健康な毛髪は皮脂膜に覆われている。これは洗浄によって一旦洗い流されるが、ピュアポタッシュで洗浄した場合は、加水分解により遊離脂肪酸となり毛髪の表面に単分子膜として吸着し、代替皮脂膜が形成される。これは、生体成分であり、洗うだけで本来の自然な保護膜と同じものが再生される。この保護膜の下では皮膚常在菌の善玉菌がリパーゼを産生し、弱酸性が維持される。また、固形石鹸や他の石鹸シャンプーと違い、すすぐと瞬時に弱酸性となり、リンスは不要であり、キューティクルが開いて毛髪にダメージを与えることはない(市販の一般的な石鹸シャンプーはリンスが必要)。

  また、ピュアポタッシュにも使用される椿油は紫外線防ぐ働きがあり、石鹸シャンプーの原料として有効であると考えられる。また、オリーブスクワレンには、悪玉菌だけを殺菌する働きをもち、椿油と同様に紫外線を防ぐ働きがある。さらに、油脂由来の天然グリセリンは皮膚保護クリームとなり、NMF(ナチュラル・モイスチャー・ファクター)を増強し、保湿効果が期待でき、ピュアポタッシュの皮脂膜は頭皮を覆い、水分蒸散を防ぎ乾燥から頭皮を守り、アレルゲンや有害細菌を防ぎ、フケを抑制する。

 


※弱酸性のシャンプー(合成界面活性剤)は確かに弱酸性ではあるが、合成界面活性剤であるため、その特性から一度洗い流された善玉菌は復活するまでに10時間以上を要し、頭皮(皮膚)は有害細菌やアレルゲンに対し無防備な状態になる。また、インターネット上で、石鹸はアルカリ性のため、善玉菌が繁殖できないという記述が散見されるが、化学の常識を知らない素人が書いたものであるか、或いは石鹸の優位性を否定するための強弁である。いずれにせよ、肌や髪に対する石鹸の優位性は明白である。

 

Topへ

動物病院で処方される薬用シャンプーの副作用

 
 動物病院では皮膚病の治療に、安息香酸エステルやコールタールを用います。コールタールレメディは皮膚を酸性にし、皮膚炎には一般的な治療となっていますが、コールタールは副作用として皮膚ガンになるリスクがあります。又、安息香酸エステルはUV吸収剤等にも広く使われていますが、毒性が証明され近年問題になっています。


このような成分の入った薬用シャンプーは、皮膚のかゆみを抑える一定の効果はありますが、困ったことに薬用シャンプーでアレルギー性の皮膚炎になってしまうことがあります。


さらに、薬用シャンプーの基材は合成界面活性剤を使用しているものがほとんどです。どんなに犬に優しい自然派で植物性のシャンプーと謳っていても、そのほとんどは植物原料を化学変換した、暦とした合成界面活性剤です。合成界面活性剤でつくられるシャンプーは皮膚の防御膜を洗い流してしまいます。その結果、皮膚バリアがなくなり、犬の弱い皮膚がより一層トラブルの多い皮膚になります。合成シャンプーは使用後の時間の経過につれて被毛や皮膚を乾燥させます。


又、洗浄剤が皮膚に吸着して、洗い流されないで残り、角質層をもろくすることもあまり知られていません(蛋白変性)。毛髪もたんぱく質で出来ているので、キューティクルの痛みなどがあり進行すると髪の劣化や肌荒れの原因となります。人用のシャンプーも同じことが言えますが、人よりも皮膚の弱い犬はそれに耐えられません。 


※コールタールの発ガン性は山極勝三郎(1863-1930)氏が世界ではじめて突き止めた




動物病院で処方さらた薬用シャンプーで洗い続けた結果、皮膚病が悪化

Topへ

カリ石鹸のアドバンテージ

 
 石鹸シャンプーは合成シャンプーと違って皮膚に浸透しないので、内臓に負担をかけないばかりでなく、余分な皮脂を洗い流した後、即座に皮脂と同じ生体成分でバリアを張ることで、有害細菌やアレルゲンの侵入から守り、皮膚や被毛は健康な状態を維持することがわかっています。
 


 

薬用シャンプーをやめてピュアポタッシュに切り替えて2カ月後に回復
 
 

 

Topへ

サーキュレーション


 Circulation(サーキュレーション)とは巡ることです。
血液、水、空気などの循環を指します。人の使ったものは全て自然へ還り、悪いものは自然を汚し、良いものは自然を肥やしてまた人へと巡ります。 人は化学合成物質を作り出し、自然に還らないゴミを排出する限り、自然環境は確実に破壊されてゆきます。普段私たちが流している生活廃水中のほとんどの合成洗剤(SE=高級脂肪酸ショ糖エステルを除く)もその類です。環境に及ぼす影響は計り知れないほど大きなものなのです。
 


【ナトリウム(ソーダ)石鹸の場合】
無添加のナトリウム石鹸はカリ石鹸同様に素早く自然分解しますが、カリウムのような水辺の草木の栄養源にはならないために、カリ石鹸のようなサーキュレーション作用はありません。








【カリウム(カリ)石鹸の場合】
ピュアポタッシュのようなカリ石鹸は、上述のようなCirculationの作用があります。

世間で問題にされる富栄養化とは、水中の植物プランクトンの栄養源のボディソープ、シャンプー、台所洗剤などの化学合成洗剤に含まれている窒素やリンが水中に増加することで、その結果植物プランクトンが大量発生して生態系のバランスが崩れていきますが、 この時カリを必要としません。カリは水辺の草や作物の根が成長するための栄養源となるのです。 こうして自然を肥し、農業用水となれば農作物を育て、やがてわたしたちのもとへ再び巡ってくる。わたしたちはそんなCirculationという自然のサイクルを考えた石鹸作りを通して、地球にもやさしいスキンケアソープを提案します。 


ピュアポタッシュは完全な自然循環型の石鹸です!


生活排水は浄水設備を通って河川に入ります。ピュアポタッシュは排水中で解離して脂肪酸と水酸化カリウムになります。脂肪酸は微生物によって水と二酸化炭素に分解され、カリウムイオンは二酸化炭素と結合→重炭酸カリウムKHCO3となります。浄水設備を通っても殆どがそのまま放出される重炭酸カリウムは、河川では葦やマコモなどの植物の根から吸収されます。重炭酸カリウム等のカリ分は植物の成長に欠かす事の出来ない栄養素で、特に根の細胞分裂の盛んな部分にたくさん必要とし、根を発達させます。その結果水辺の植物は窒素やリンを盛んに吸収して水質を浄化し、同時に葉を繁らせて二酸化炭素をより多く吸収し、環境改善に大きな力を発揮します。 




Topへ