AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

 ご利用上のご注意

 オンラインショップ 

 

当サイトはプライバシー保護のため米国サイバートラストルートによるSureServer を使用しSSL暗号化通信を実現しております。

 

雨が降って偶然できたカリ石鹸の誕生


 カリ石鹸は、約5000年前に栄えた世界最古の都市国家とされるシュメール文明では既に使用されており、テクステャーはピュアポタッシュ™ と同じジェル状の軟石鹸でした。

そもそも、石鹸というものは、合成界面活性剤のように人工的に意図的に造られたものではなく、古代の儀式で神に供える羊の肉を焼いた時の木灰(苛性カリ)と羊の油(油脂)が雨水によって偶然に混ざり合い、自然に鹸化(化学反応)が起こり、自然発生的に出来た「泡立った不思議な土」を、当時の人がセレンディピティ的に偶然発見したものが人類史上で初めての(カリ)石鹸であると考えられております。

又、カリ石鹸は自然に偶然にできてしまうほど非常にシンプルな素材の組み合わせでできており、ピュアポタッシュ™ も古代のカリ石鹸と同様に、食用の油脂を食用の苛性カリ(原料は塩湖で採れる天然のカリ鉱石)で鹸化しただけの非常にシンプルな製法のうえ、どんな添加物も一切不使用で製造されるため、素材の力がそのまま性能につながります。

※一般的な固形石鹸は原料に苛性ソーダを用いて製造しますが、当社のカリ石鹸はジュース等の飲料を製造する過程で酸味のバランス調整にも用いられる食品用の苛性カリを用いて製造するため、肌に負担を掛けない特徴があります。