AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

オンラインショップ


Macrobiotic 1月号(2008) 特集「カリ石鹸」 PDF


 

当サイトはプライバシー保護のためサイバートラストルートによるSureServerを使用しSSL暗号化通信を実現しております。

...


よくあるご質問
Frequently Asked Question

ピュアポタッシュについて


 ポタッシュとはどういう意味でしょうか?
 ポタッシュ(英語でpotash)とは日本語で「加里」あるいは「草木灰」のこと。草木を壺(pot)で焼いて灰(ash)にしてつくられたことから由来しています。  ドイツ語ではカリウムです。

 

 すべての原料が食用ということですか?
 はい、すべて食用グレードです。石鹸は工業用グレードの油脂で製造するのが一般的ですが、工業用グレードの油脂は農薬の他に微量金属や未知の不純物のリスクがあるため、当社では一切使用せず、高度に精製されたノンキャリーオーバーの食用の無農薬原料のみを用いて、不純物や農薬の問題をクリアしております。ピュアポタッシュ™ スキンケア カリウムソープ(PurePotash® skincare kalium soap) は未知の化学物質や不純物の混入がないよう当社独自の厳しい品質基準を設けており、特に農薬に感作された人でも普通に使える石鹸を目指して開発された高度な無添加カリ石鹸です。 

 

 カリ石鹸とはどんな石鹸ですか?
 まず、一般的な固形の石鹸はソーダ石鹸ともいいますが、水と油脂と苛性ソーダを混ぜて(鹸化)つくります。カリ石鹸は水と油脂と苛性カリを混ぜて(鹸化)つくります。苛性カリを使うことで固形石鹸とは違った特徴的があります。たとえば、固形石鹸よりも石鹸の分子の大きさが大きいため細胞間隙に入りにくいので、洗顔後のすすぎが早く、肌に残りにくい特徴があります。又、カリ石鹸に特有の肌を柔らかくする皮膚柔軟効果があり、古くから皮膚科では皮膚の治療に用いられてきました。

 

 天然成分だけで作られていますか?
 天然由来成分です。又、合成界面活性剤は一切不使用です。ただ、天然成分だからといって肌にやさしいとかアレルギーがでない訳ではありません。人によっては肌に合わない場合もありますので、アレルギー検査やパッチテストを医師の指導のもとで実施してからお使いください。

 

 超敏感肌ですが、こちらの石鹸は界面活性剤は使っていませんでしょうか?
 合成界面活性剤は一切入っていませんが、石鹸は界面活性剤です。界面活性剤とは油になじみやすい部分と水になじみやすい部分をもつ物質の総称です。界面活性剤と合成界面活性剤は全く別物です。たとえば、合成界面活性剤は肌の内部乾燥(インナードライ)を引き起こす特性をもっていますが、石鹸ではインナードライを引き起こす特性はありません。

 

 手づくり石鹸等は肌がべた付きやすく濯ぎ時間が長くなります。ピュアポタッシュ™は濯ぎ時間が驚くほど短いのですが、適度な保湿感があるのは天然のグリセリンが入っているからでしょうか?
 手づくり石鹸に多いのが過脂肪石鹸ですが、過脂肪石鹸とは鹸化率を下げて未反応の原料油脂を意図的に残した石鹸です。鹸化されず残った油が多いと肌に残りベタ付きを感じる場合があります。又、油が多いために洗浄力が低下するのがデメリットなのですが、洗いすぎないことを好む方にはメリットなのかも知れません。近年では市販の石鹸も過脂肪石鹸が多くなりましたが、ピュアポタッシュ™スキンケアソープは完全に鹸化しており過脂肪石鹸ではありません。又、ピュアポタッシュ™スキンケアソープに保湿感があるのは、グリセリンのためではなく疑似皮脂膜が水分蒸散を防いでいるためです。これは固形石鹸よりも優れた化学特性によるものです。もし保湿感を通り越してべた付くと感じる場合は石鹸の使用量が少ないため、不要な皮脂が落ちきらずに残っておりべた付くと感じることが考えられます。二度洗いすれば解消します。 

 

 ピュアポタッシュ™を使うようになってから不思議と肌が白く明るくなりました。美白効果があるのですか?
 結論から言いますと、実はピュアポタッシュ™が白くしたのではなく、自然治癒力によって長年くすんでいた肌が本来の肌の色に戻ったと考えられます。今まで使っていた洗顔料や石鹸に含まれる添加物や農薬によってメラノサイトが反復して刺激され、その影響で肌は知らず知らずの内にくすんでしまうことがあります。ピュアポタッシュ™は自然治癒力を妨げる農薬や隠れ添加物も一切入っていない「真の無添加」であるため、肌は自然治癒力によって、くすみのない本来の肌に戻ったということです。これは偶然そうなったのではなく、物事にはそうなる仕組み(原因と結果)があるのです。それは、あなたがピュアポタッシュ™で洗ったことがきっかけで、今までメラノサイトに影響していた反復して繰り返される刺激を断ち切ることにつながり、結果として思いがけない良い状態が得られたということです。

 ピュアポタッシュ™は純粋なカリ石鹸だから薬用石鹸のような薬剤の成分は何も入っていないため、洗ってすぐに効果が得られるものではありませんが、自然治癒力を妨げないことがピュアポタッシュ™の最大の利点です。ピュアポタッシュ™は肌を甘やかさず自然治癒力を目覚めさせ肌本来のチカラを最大限に引き出してくれる石鹸です。

 

 アレルギーテストはしていますか?
 一般的に石鹸や化粧品などの「皮膚科医によるアレルギーテスト済み」の条件とは、健康な人が使用するのが前提なので“被験者は健常者に限る”というものです。「皮膚科医によるアレルギーテスト済み」と記載していると、いかにもアレルギーの方にも使えそうな表現ですが、普通肌の方に対してアレルギー反応が出ないか調べているだけのもので、アレルギー肌やアトピー肌、敏感肌の方が使えるクオリティかどうかではないのです。間違った認識の方は、ご注意ください。ピュアポタッシュのアレルギーテストは従業員およびボランティア(アトピー、アレルギー、敏感肌、乾燥肌、混合肌、普通肌の方)で実施しております。アトピーに関しては、さらに専門医の協力のもとで農薬に感作された患者でモニタリングを実施し、現在のところほぼ全員に使用が可能という結果です。

 

 全ての商品がオーガニックですか?
 全てがオーガニック原料ではありませんが、有機JAS認定、EU ORGANIC認証の他、オーガニック認定ではないものの、無農薬栽培や露地栽培等のノンキャリーオーバー(原料から持ち越される農薬等が入っていない)オイルを使用しておりますので、農薬に感作された方でもほぼお使い頂けます。又、精製度が低い場合はオーガニック認証を受けた原料でも不純物が混入しているものや、未精製のオーガニックオイルは不純物が多く、敏感肌には不向きなオイルです。又、化粧品でも石鹸でも言えることですが、「オーガニック」や「100%天然由来成分」と書いていても安心はできません。たとえば石油から製造した化粧品でも100%天然由来といっても間違いではありません。このように商売においては、オーガニックや100%天然由来成分という表記には言葉のトリックが隠されていることがよくあるので、特に注意が必要です。

 

 詰替えは無いのですか?
 「ピュアポタッシュ」は全ての商品の原料にノンキャリーオーバーを使用しています。そのために、開封して3ヶ月以上経つと脂肪酸そのものが空気酸化によって徐々に油臭くなってきます。使い残りが少しでも容器にある場合は新しく詰替えたものと混ざって、酸化を促進して臭いが出やすくなりますので、あえて詰め替えはつくりません。ピュアポタッシュは酸化防止剤(天然の物も含めて)を一切使わず酸化を抑制する高度な技術(製法特許出願中)を用いますので、現在のところ3ヶ月が目安(限界)です。さらなる技術革新を目指しています。
 又、石鹸液の15%以上の濃度のものは細菌繁殖が起こらないことがわかっていますが、お客様自身の詰替え操作の誤りでの濃度低下や、更に細菌の混入が起こりますと皮膚や粘膜に障害が起こる危険性が出てきます。価格の面でも詰め替えの場合は、お得価格のように思われていますが、それほど安くなりません。詰替えの場合は最初のポンプ付などの容器に入っている量より少なくしてあるために、価格もそれなりに安いということなのです。エコロジーの点からは少々心苦しいのですが、以上の事から現時点では「ピュアポタッシュ」の詰め替えは出さないことにしておりますので、ご了承ください。
 
 サンプルの発送はできますか?
 大変申し訳ございませんがサンプルの発送は出来ません。当社は少人数で運営しておりますので、発送担当が2人だけでございます。サンプル無料発送などに関しては、全国のオーサワジャパン商品取扱の自然食品店様およびピュアポタッシュのお取扱ネットショップ様に全てお任せしておりますので、お問い合わせください。万一、お取扱店様にご希望のサンプルの在庫がない場合は当社にお申し出ください。

 ピュアポタッシュのトライアルセットをご用意しております。送料無料です。
 

 ピュアポタッシュを直接購入できますか?
 2006年現在、個人のお客様への発送システムはございません。大変お手数ですが、全国のオーサワジャパン商品取扱の自然食品店様およびピュアポタッシュのお取扱ネットショップ様からご購入くださいませ。

 2011年9月1日よりオンラインショップにてご購入いただけます。
 

 洗った後に顔に発疹ができますが、大丈夫ですか?
 ピュアポタッシュはクレンジング以外は全商品に椰子(ココナッツ)油を僅かですが泡立ちを得るためにブレンドしています。椰子油にはラウリン酸が含まれるために刺激になることがありますので、これが原因であることも考えられます。体調や肌の状態など日によって違いますので、一概には言えませんが、洗顔後のシャンプーなどに原因がある場合もあります。お客様が普段お使いの他社のシャンプーの添加物などに反応して発疹ができたり、洗顔後の化粧水が合わない場合があります。いずれにしましても合わない場合は使用を中止してください。
 

 固形石鹸よりカリ石鹸の方が低刺激なの?
 化学反応の強さには差が有りません。 しかし、肌に対する刺激は肌表面から細胞間隙を伝う内部への浸透力が問題です。カリ石鹸とソーダ石鹸は分子の大きさが大きく違い、分子の大きなカリ石鹸は分子の小さなソーダ石鹸より格段に肌浸透性が小さいのです。それ故刺激は少なく水溶性が大きいため、すすぎが簡単なのです。ピュアポタッシュがすすぎが簡単なのは、泡の持続性がないからではありません。一方、浸透したソーダ石鹸がすすぎで流し出されるのは時間が掛かります。カリ石鹸は浸透し難いのです。カリ石鹸(カリウム石鹸)より固形石鹸(ソーダ石鹸orナトリウム石鹸)がすすぎに時間がかかり、刺激がある理由の一つです。
 

 固形石鹸とカリ石鹸の違いは?
 固形石鹸はナトリウムが原料ですが、カリ石鹸はカリウムが原料の水溶性の高い石鹸で、ゼリー状(ジェル)または溶液になり、固形にはなりません。固形にしても高湿度の場所では吸湿してゼリー状になります。 カリウムはナトリウムよりイオン化し易いので遊離脂肪酸が出来易く、代替皮脂を多く作り、皮膚保護作用が強いのです。また、表皮(角質層)のケラチンを軟化して肌を軟らかくする作用がありますが、固形石鹸にはありません。
 

 脂肪酸バリアはベタ付きませんか?
 一般的な固形(ナトリウム或いはソーダ)石鹸でもカリ石鹸でも、洗うだけで肌本来の自然なバリア(生体成分)を再生しますが、脂肪酸バリアがベタ付くことはありません。ベタつくのは石鹸の量が少ないか、固形石鹸では濯ぎ残しがある場合に考えられます。アトピーなどで肌のバリア機能が弱っている場合でも、遊離脂肪酸が肌本来のバリアである皮脂膜に代わり代替皮脂膜となり、肌本来のあるべきバリア(生体成分)が再生されるので、外界からのアレルゲンや有害細菌から肌を保護します。また、固形石鹸と比べた場合に、ピュアポタッシュはイオン化傾向が大きいため遊離脂肪酸がより多く生成されますが、ベタ付きとは無関係です。

 

 ピュアポタッシュは全身洗えるのですか?たとえばマカダミアの石鹸でシャンプーできますか?
 石鹸ですので可能ですが、マカダミアは洗顔に適してます。原料油脂に含有する各種脂肪酸の特徴が石鹸に影響します。ブレンド次第で全く違う石鹸ができるのです。浴用にはオリーブと大豆をブレンドしてボディソープとし、椿オイルをブレンドした石鹸はシャンプーに適しています。洗浄部位別に最適なブレンドで石鹸を製造していますが、究極は全身洗えますので、敏感肌の方は商品名にこだわらず、ピュアポタッシュ・クレンジングなら刺激もなく使えるという場合は洗顔や全身に使用してください。
 

 肌のバリア機能がほとんど失われている状態でも使えますか?
 完全にバリア機能が失われている場合は、石鹸の使用はできません。そうでない場合は、原料油脂のアレルギーに注意して、様子をみながらご使用ください。刺激を感じたら直ちに使用を中止してください。
 

 大豆もオリーブも合わないのですが、どうすればいいですか?
 アレルギーではないようでしたら、マカダミアをお試しください。それでも合わないようでしたら椰子が原因の場合も考えられますので、クレンジング(オリーブまたはマカダミア)で洗顔してみてください。クレンジングでの洗顔が大丈夫そうでしたら、原因はヤシ油ということですが、もし刺激を感じたら直ちに使用を中止してください。 弊社の石鹸はどれも合わない可能性が高いです。
 
 敏感肌やアトピーにお薦めとありますが、アトピーは治るのでしょうか?
 アトピーでお悩みのお客様は少なくありませんが、石鹸は医薬品ではないので効果効能が謳えませんので“治る”などの表現は禁止されています。
 

 石鹸が目に入ったら激痛で、充血しました。こんなに沁みる洗顔料は初めてです。
 本来、石鹸は目に入ると非常に沁みます。万一目に入ったら直ぐに流水で洗い流してください。充血もおさまります。異常が残るようでしたら医師の診察を受けてください。又、目に沁みることは悪いことばかりではありません。目に沁みますので、直ぐに洗い流すよう痛みと充血で知らせてくれます(非常に有効なサインとなります)。
 

 泡の持続が弱いですが、どうしてですか?
 椰子油をもっとブレンドすれば泡立ちが良くなります。起泡剤でも同じです。しかし、ピュアポタッシュはセンシティブな方にもお使いいただけるように、椰子油も最小限しかブレンドしていません。発売当初は椰子油なしの石鹸もありましたが、お客様より泡立ちが必要とのお声が数多く寄せられました。泡があれば、肌への摩擦が軽減されますが、泡立ちと汚れ落ちは全く関係ありません。泡の持続性が弱いのは基本的に脂肪酸の特性によります。その他、石鹸の使用量が少ない場合にも考えられます。また、脂性肌の場合も泡がすぐ消えますので、肌質にも左右されます。個人差がありますので、スポンジや泡立てネットなどを必ず使用し、泡が消えない量を調整して少なめの水で泡立ててください。慣れれば比較的持続性のある硬めの泡が簡単につくれます。
 

 敏感肌や金属アレルギーにお薦めと書かれていますがどんなアレルギーでも使えるのでしょうか?
 どんな洗浄剤も使えなかった方にもお使いいただけるクオリティですが、万人が使えるという意味ではありません。食物アレルギーのある方は原料油脂をご覧になり、特にご注意ください。金属アレルギーの方は、金属封鎖剤が入っていないから金属石鹸になった場合に不安に思われるかも知れませんが、国内では8割が軟水ですので金属封鎖剤がなくても大丈夫です。そもそも金属アレルギーはニッケルやクロムなどによるものです。それより水道水の塩素の方が肌にはよくありません。ピュアポタッシュは水溶性が非常に高いので、すすぎ時間(塩素にさらされる時間)が短いので、敏感肌に向いています。

 更年期障害でバランスを崩してから、肌がボロボロになってしまい、オリーブも大豆も合いませんでした。
 実際にオリーブや大豆が合わないのか、アレルギーの検査をしてみないと分かりませんが、椰子に反応されている場合は、原料に椰子油が入っていないクレンジングをお試しください。クレンジングは化粧落としで泡が立たないですが、実は洗顔や浴用に使用が可能です。
 

 非常にシンプルな原料ですが品質は保証されているか不安です。
 高度な技術(PAT.P)により、素材を活かした超低刺激な石鹸が製造可能です。純石鹸はpH9.5〜pH10.5になりますが、ピュアポタッシュも範囲内の無添加石鹸ですので、使用期限内かつ開封後3ヶ月以内なら酸化および雑菌などの繁殖の心配は必要ありません。(無菌ということではありません)
 

(参考:日本石鹸洗剤工業会、その他)
(2003年7月作製)
(2007年5月追加)
(2010年4月追加)
(2011年6月追加)
(2020年1月追加)