AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

オンラインショップ


Macrobiotic 1月号(2008) 特集「カリ石鹸」 PDF


 

当サイトはプライバシー保護のためサイバートラストルートによるSureServerを使用しSSL暗号化通信を実現しております。

...

 

イオン化傾向による性能の違い



カリ石鹸

固形石鹸

苛性カリ
原料アルカリ
苛性ソーダ
大きい
イオン化傾向
小さい
大きい
石鹸分子の大きさ
小さい
ほとんど浸透しない
浸透性
若干浸透する
短時間
すすぎ時間
若干長い
ほとんど残留しない
肌への残留性
残留しやすい
角質が柔らかくなる
肌へのはたらき
特にない

疑似皮脂膜として
バリア機能を再生する

バリア機能の
再生

バリア機能を再生するが
非常に弱い

環境性
良い
容器が必要
運搬性
非常に良い


上記の通り、カリ石鹸と固形石鹸ではイオン化傾向※により基本特性が異なります。

●固形石鹸のメリットは運搬性の良さと製造の手軽さにあります。利便性を優先して原料に苛性ソーダを用いたデメリットとしては、石鹸分子の大きさが比較的小さいため、肌に石鹸成分が残りやすく、洗った後は時間をかけて十分に濯ぐ必要があります。時間をかけて濯げば石鹸成分は肌に残留しないため問題ありませんが、濯ぎに時間をかけた分だけ水道水中の塩素が肌に負担をかけてしまうジレンマに悩まされますが、濯ぎ残しがあると肌が乾燥する原因になるので、固形石鹸は気合を入れて十分に濯ぐ必要があります。

●カリ石鹸は石鹸分子が比較的大きいため、肌への浸透もほとんどなく、驚くほど濯ぎ時間が短縮できるので、水道水中の塩素に曝される時間が短く、肌にやさしいだけでなく節水にもなります。デメリットとしては、容器が必要なのでコスト面では、固形石鹸に比べると割高になることです。

石鹸は肌の状態や目的に応じて、価格の安さで固形石鹸にするのか、肌にやさしい高性能なカリ石鹸にするのかを選べばよいと思います。


※イオン化傾向は中学2年生の理科の授業で学びますが、簡単には水溶液中に電子を放出して陽イオンになりやすいことです。

戻る