AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

 ご利用上のご注意

 オンラインショップ 

 

当サイトはプライバシー保護のため米国サイバートラストルートによるSureServer を使用しSSL暗号化通信を実現しております。


添加物が引き起こす水質汚染

エチドロン酸


石鹸が全国どこででも使用できるように石鹸には金属封鎖剤という添加物が入れられています。「金属封鎖剤(キレート剤)」は、カルシウムやマグネシウムなどの金属イオンを封鎖する働きをし、金属石鹸を防止します。変色防止、変質防止にも使われています。一般的には「エデト酸」(EDTA)と、水溶性の高い「エデト酸塩」(EDTA-2Na、EDTA-3Na、EDTA-4Na)がよく使われています。このEDTAは変異原性、経口毒性、水質汚染の影響があることから、(旧)表示指定成分になっていました。最近では「エデト酸」「エデト酸塩」の変わりにPRTR法(化学物質管理法)で指定されていないエチドロン酸(ヒドロキシエタンジホスホン酸)を配合するような傾向がでています。
 

 PRTR法*には指定されていないというだけで、エチドロン酸は1分子内に2個のリン(P)を含む有機リン化合物です。 富栄養化の原因物質として水質汚染の影響が心配されます。
 

*PRTR法
  日本では平成11年7月にPRTR法が公布され、事業者(企業など)が1年にLASやダイオキシン類など全354個化学物質を環境中に排出したかを把握・届出し、その結果を集計・公表する仕組みである。しかしEU諸国のように使用を禁止することまでは法制化されていない。 

戻る