AscentSoap Corp.

アセント石鹸オンラインショップ

ピュアポタッシュについて
製品情報
研究開発
会社情報
OEM
お問い合わせ

オンラインショップ


Macrobiotic 1月号(2008) 特集「カリ石鹸」 PDF


 

当サイトはプライバシー保護のためサイバートラストルートによるSureServerを使用しSSL暗号化通信を実現しております。

...

 

無添加なのに肌が受け付けない原因とは?


 無添加石鹸の最大の問題点に挙げられるのが、本当は無添加ではない石鹸が9割以上という事実です。パラベン、着色料、起泡剤などの一部の添加物が無添加という商品がほとんどで、100%無添加の商品は市販品では1割程度です。

 さらに問題なのは薬事法そのものであり、全成分に表記されない成分があることです。たとえば、全成分には「石ケン素地」と記載するように定められていますが、実はこの石ケン素地の中に防腐剤や酸化防止剤などの添加物を予め混ぜておく手法があるから安心はできません。全成分表示といいながら法的には石鹸素地の中身を記載しないことになっているので、察しのいい人は非常に不可解なことに気づく人もいると思います。

又、広告などに関する法律も消費者の視点には立っていません。たとえば、「100%無添加」の石鹸でも何故か100%無添加と記載することが禁止されています。本当に100%無添加であっても「パラベン、着色料、起泡剤 無添加」等と入っていない添加物名を記載するように定められています。

これでは本当の無添加との違いが簡単には判断できません。意図的に判断できないような仕組みになっているのが問題です。もうおわかりのように、無添加石鹸でもアレルギー反応が出てしまうのは、ある意味で当然の結果なのです。