AscentSoap Corp.

アセント石鹸ホームページ
 

初めての方はこちらをご覧ください


ショッピングガイド


 洗顔石鹸

 ボディ&シャンプー

 メイク落とし

 UVケア

 アウトドア

 ペットケア


 トライアルセット

 限定品


 会員規約

 個人情報の取扱い

 特定商取引法に基づく表示

 ご利用上のご注意

 コーポレートサイト
 



 

 

休業



 

当サイトはプライバシー保護のためサイバートラストルートによるSureServerを使用しSSL暗号化通信を実現しております。

 


 

 

カリ石鹸


 弊社のカリ石鹸“ピュアポタッシュ™”は、局方カリ石鹸をベースに約50年前から研究が始められ、三十余年に亘る基礎研究により、今から約20年前の1999年に誕生しました。一般的に市販される石鹸との決定的な違いは、局方に準拠した釜焚き製法であることです。

 又、すべての原料は食用で、原料油脂はオーガニック等の無農薬の食用グレードとし、さらにHPLCを用いて農薬や未知の不純物を極限に排除し、世界最高水準の高度な無添加を目指した非常に純粋なカリ石鹸です。

 「局方」とは「日本薬局方」の略称ですが、 局方カリ石鹸は日本薬局方で厳格に定められ現在も薬局で販売されています。原料は大豆油を用いますが、オリーブ油からも作られ、用途として「湿疹を含む皮膚疾患に補助的に用いる」と解説にあります(局方第十改正)。又、効果効能は「局所に適用し刺激を緩和させる。潰瘍・創面を保護し乾燥を防止する」というものです。
 

 以上のように局方カリ石鹸は約130年前から皮膚科で扱われてきました。又、カリ石鹸は非常に低刺激で皮膚に浸透しない性質により、唯一体内洗浄が可能な石鹸であり、その安全性や性能は高く評価されています。又、非常に温和なことから現在でも産婦人科で重宝されるところもあり、日本薬局方に則った釜焚き法でつくられたカリ石鹸は、皮膚にとって最良の製法とされています。


 

カリ石鹸の歴史


 カリ石鹸は、約5000年前に栄えた世界最古の都市国家とされるシュメール文明では既に使用されており、石鹸の使い方が楔形文字で記された粘土板が遺物として発掘されております。又、この古代の石鹸は固形ではなく、ピュアポタッシュ™ と同じカリ石鹸でした。

 ラテン語で石鹸をsapoというのは、古代ローマ時代(紀元前1000年頃)のサポーの丘伝説に由来します。サポーの丘で神に供える羊の肉を焼いた時の木灰(カリウム)と羊の油(油脂)が雨水によって偶然に混ざり合い、自然に鹸化(化学反応)が起こり、自然発生的に出来た「泡立った不思議な土」を、当時の人がセレンディピティ的に偶然発見したという伝説です。

 いずれにしても、カリ石鹸は偶然にできてしまうほど非常にシンプルな素材の組み合わせで出来ていて、古代の人々の生活に利用されていたということです。

 又、ピュアポタッシュ™ も古代のカリ石鹸と同様に、油脂を苛性カリで鹸化しただけの非常にシンプルな製法のうえ、どんな添加物も一切不使用で製造されるため、素材の力がそのまま性能につながります。それは、一切の誤魔化しがきかないということでもあります。 


 

 

洗うだけでバリア機能を再生


ピュアポタッシュ™で洗浄すると加水分解された脂肪酸は遊離脂肪酸を生じます。すなわち、洗うだけで肌本来のバリア(皮脂膜)と同じ生体成分である脂肪酸膜を再生するということです。洗うだけで脂肪酸膜を生成するのは固形石鹸も同じですが非常に弱いものです。一方、ピュアポタッシュ™はイオン化傾向が高いため、肌本来のバリア(皮脂膜)と同じ機能を有し、疑似皮脂膜とも呼ばれます。この疑似皮脂膜はアトピー性皮膚炎のように皮膚のバリア機能が低下した人の場合でも、疑似皮脂膜がバリア機能を再生し、有害細菌等のアレルゲンから自己治癒力を妨げることなく皮膚を保護すると同時に水分蒸散もブロックしてくれます。保湿に関しては水分蒸散を防ぐだけではなく、原料油脂由来のグリセリンやオリーブスクワレンがNMF(天然保湿因子)を増強することで保湿効果が期待できるため皮膚の乾燥を防ぎ「しみ」「しわ」の発生を抑制することにつながります。

 

 

カリ石鹸のスーパーメカニズム


 あまり知られていませんが、カリ石鹸(ピュアポタッシュ)は驚くほど高度な洗浄メカニズムを持っているのです。 石鹸成分には、汚れを取り込む他に、カリウムイオンが皮脂の遊離脂肪酸と結合して皮脂由来の石鹸がつくられます。また、一部イオン化して弱酸性物質「遊離脂肪酸」となり、洗浄力を次第に低下させ必要以上に脱脂することから防いでいます。ピュアポタッシュは洗浄力が強く汚れを良く落とすのに不思議と肌にやさしいという理由です。さらに、この遊離脂肪酸は本来の皮脂と同じ生体成分であり、皮脂の代わりを担う代替皮脂膜となって、アレルゲンや有害細菌の侵入を防ぎ、肌の水分蒸散さえも防ぐバリアの役目を果たします。このバリアの下では、皮膚常在菌(善玉菌)が代替皮脂膜を栄養源として取り入れて活発になり、代わりに弱酸性のリパーゼ(酵素)を出すのです。これが肌を弱酸性にする秘密です。弱酸性の洗浄剤や化学合成品には絶対に真似の出来ないスーパーメカニズムです。
 

 ピュアポタッシュは、洗うだけで自然な弱酸性のバリア(生体成分)を再生します。肌も弱アルカリ性の石鹸に相性が良く、さらに善玉菌にもやさしいので、弱酸性の洗浄剤よりはるかに早いスピードで活性化します。

 

 

皮膚常在菌の役割


 健康な皮膚には、皮脂内膜に皮膚常在菌が分布しております。これらの善玉菌は脂肪分解酵素を出して皮脂を分解し脂肪酸を生成することで、皮膚のpHを弱酸性に維持しています。

 石鹸は弱アルカリ性だから善玉菌(皮膚常在菌)には良くないと勘違いされやすいのですが、石鹸で洗いはじめると、汚れを取り込む他に一部イオン化して弱酸性物質となり、皮膚表面に単分子膜として吸着し、代替(疑似)皮脂膜を形成するものがあります。弱酸性の合成界面活性剤でも石鹸でも善玉菌は悪玉菌と共に洗い流されるのですが、石鹸は善玉菌の増殖スピードが速いのが特徴です。

 たとえば、弱酸性の洗剤やその他の合成界面活性剤で洗えば、皮膚常在菌が全て洗い流されてしまい、復活するのに10時間以上を要します。さらに、殺菌剤(パラベン)や薬用の殺菌成分などが入っていれば、善玉菌は死滅してしまい、皮膚は病原菌や有害細菌に侵されやすくなり、元の善玉菌で護られた健康な肌に戻るのには相当な時間を要します。このように善玉菌は肌の弱酸性を維持する非常に重要な役割があり、保湿に深く関わっているのです。 

 

 

赤ちゃんも皮膚常在菌を増やして弱酸性に


  赤ちゃんの肌は、大人の肌と違いバリア機能が未熟で無防備です。大人の肌は、自分の皮脂の分泌によって皮脂膜を形成します。さらに皮脂を栄養源にしてリパーゼを分泌する皮膚常在菌(善玉菌)が健康な肌にしてくれますが、赤ちゃんの肌には善玉菌がほとんどいません。そのために有害細菌に感染しやすい肌になっているのです。 だからといって赤ちゃんの肌を殺菌作用のあるベビー用のボディソープ(合成界面活性剤)で洗うことは、有害な悪玉菌だけでなく、わずかにある善玉菌までも殺菌してしまうことになります。その結果、スベスベでぷくぷくした赤ちゃんの肌は、大人の肌のように滑らかさを失うことになるでしょう。ピュアポタッシュで洗うと、わずかにいる善玉菌が増えるため、善玉菌が弱酸性のバリアをつくって、アレルゲンや有害細菌から赤ちゃんの肌を守ってくれます。

 

ピュアポタッシュ™で洗った肌に7つのメリット


 カリ石鹸の皮膚柔軟効果で、固くなった踵や踝までやわらかく、全身モチモチ肌に!

 洗うだけで生体成分同様の保護膜が再生され、肌の水分蒸散をブロック!

 バリア機能を補完しアレルゲンの侵入をブロック!

 NMF(天然保湿因子)を増強し、肌の内部を保湿!

 弱アルカリ性のため肌の善玉菌にやさしくpHを維持し、健康な弱酸性肌に!

 自然治癒力によるターンオーバー正常化で肌のくすみ改善!
 固形石鹸や洗顔料に比べてすすぎが早いため水道水中の塩素による影響が最小限に!