AscentSoap Corp.

アセント石鹸ホームページ
 

初めての方はこちらをご覧ください


ショッピングガイド


 洗顔石鹸

 ボディ&シャンプー

 メイク落とし

 UVケア

 アウトドア

 ペットケア


 トライアルセット

 限定品


 会員規約

 個人情報の取扱い

 特定商取引法に基づく表示

 ご利用上のご注意

 コーポレートサイト
 



 

 

休業



 

当サイトはプライバシー保護のためサイバートラストルートによるSureServerを使用しSSL暗号化通信を実現しております。

 


 

 

太陽光


太陽は水素の核融合によってガンマ線やX線を発生させ、一部は紫外線、可視光線、赤外線、電波となって放たれます。


 

 

太陽光は電磁波の一種です。地上に到達するのは主に“紫外線”の一部、“可視光線”、“赤外線”、“電波”です。可視光線の領域だけは目に見えますが、その他の領域は人の目には見えません。


 

 

紫外線


紫外線はUV(ultraviolet-light)と表記されることもあり、波長の長い順にUV-A、UV-B、UV-Cに分けられ、波長が短いほど生物に対する害を及ぼす性質がありますが、UV-Cは大気層(成層圏オゾン層)で吸収され地上には到達せず、UV-Bも大部分は吸収されるため、UV-Aと一部のUV-Bが地上に到達します。


 

 

紫外線の肌への影響


太陽から放たれる紫外線の約97%が大気層(成層圏オゾン層)で吸収されるため、地上に到達するのは約3%ですが、わずか3%の紫外線が日焼けを引き起こすと同時に、肌の光老化を促進します。年齢を重ねるほど肌は紫外線の影響を受けやすいので、紫外線のケアが重要です。

UV-A: 315-400nm (しわ、たるみ
日焼けを起こす作用は弱いものの、地上に降り注ぐ全紫外線の9割を占めており、UV-Bより波長が長く、皮膚の奥まで届くため、コラーゲンやエラスチン(弾性線維)がダメージを蓄積し、光老化を促進する作用が強く、シワやたるみを引き起こし、活性酸素等を発生させDNAに酸化ダメージを与えます。さらにメラニン色素の合成を増やし、既にできたシミを目立ちやすくします。又、大気層(成層圏オゾン層)による減衰が少なく、冬も夏の1/2程度あるうえに、朝夕、曇天を問わず降り注いでいて、ガラスも透過するため室内でも注意が必要です。 

 

UV-B: 280-315nm (シミ、そばかす、発がん、白内障
大気層(成層圏オゾン層)によって減衰しやすい特性のため、地上に降り注ぐ全紫外線の1割程度と少なく、冬場は約1/5まで減少しますが、日焼けを起こすエネルギーはUV-Aの600倍以上強いため、夏場は数分で急速に肌を赤くし(サンバーン)、数日後には肌を黒くする(サンタン)作用があります。目にも危険で、白内障や翼状片のリスクが高くなるため、夏場は保護メガネを必ず付けた方が良いでしょう。又、DNAへ直接損傷を与え発がんのリスクが高くなります。唯一の利点は数分の照射で皮膚にビタミンDを生成すること。 

 

UV-C: 200-280nm
大気層(成層圏オゾン層)によって吸収されるため地上には到達しませんが、人工的には殺菌灯に使用されるほど強力な紫外線です。又、溶接作業に用いられるアーク光にもUV-Cが含まれるため、直視すると“目玉焼き”といわれる電気性眼炎になり、角膜の表面が剥離するため非常に危険です。作業中は必ず保護メガネをかけて、決して外さないことが重要です。

 

ブルーライト: 395-495nm
UV-A領域と隣り合う可視光線領域にあり、スマホやパソコン画面からも照射されるため目の老化を急速に早めることになることが指摘されています。又、ブルーライトは睡眠ホルモンといわれるメラトニンを抑制する働きがあるため、就寝前2時間以降は寝つきが悪くなる等の睡眠障害になりやすいため注意が必要です。
 

 

季節による紫外線の変化


地球の公転軌道はほぼ円形のため、太陽との距離で季節が変化するわけではありません。厳密にいえば夏場の方が太陽と地球との距離は最も遠ざかります。日本では四季があり、紫外線は夏に強くなり、冬に弱くなります。これは地球が23.4度傾いて自転しながら太陽の周りを公転することで、夏場は南中高度が高くなり、冬場は南中高度が低くなることによるものです。 

  

太陽の南中高度角が高くなると大気層(成層圏オゾン層)を紫外線が通過する距離が短いため、紫外線が強くなります。逆に冬至の頃は太陽の南中高度が低くなるため大気層(成層圏オゾン層)を紫外線が通過する距離が長くなるため紫外線が減衰し弱くなります。又、 冬にインフルエンザ等が流行しやすいのは湿度と紫外線が影響しているといわれています。


 


 

時間や場所で変動する紫外線量


紫外線は10時〜14時の時間帯が一番強く、1日の60%の放射量があります。又、UV-Aに関しては朝方や夕方でも昼間の紫外線量と大きく変わらないため注意が必要です。
曇りや雨では地上に到達する紫外線量は減少しますが、UV-BはUV-Aに比べて雲による減衰が大きいとはいえ、薄雲では80%が透過します。さらに、高度が高いほど紫外線量は強くなり、下のように場所によっても紫外線の反射率は大きく変動します。

 
新雪 80%  (1000m毎に+10〜12%)

 
芝生 10%

 
水面90%

 
砂浜20%

 

紫外線による日焼け


紫外線は皮膚に照射されると日焼けを起こします。主にUV-Bの影響によって数分で肌が赤くなり始めます(サンバーン)。数日で赤みは治まりますが、さらに数日後にメラニンが増加する結果、肌が黒くなります(サンタン)。肌を小麦色に(黒く)することは、一見すると健康的に見えるかも知れませんが、紫外線は“しみ”、“しわ”、“そばかす”、“肌のたるみ”をつくり、肌の老化を促進することになります。若いうちに日焼けすると中年以降は“しみ”だらけの顔になってしまうので注意が必要です。又、遺伝子がダメージを受けると皮膚がんになるリスクが高くなることが科学的に証明されています。

これを防ぐには紫外線を防ぐことが重要です。日焼け止め剤、サングラス、帽子は必須アイテムです。

 

 

日焼け止めの基礎知識


紫外線を防ぐための日焼け止め剤は、SPF(Sun Protection Factor)やPA(Protection Grade of UVA)といった数値を参考に選びます。

 

  

場所や目的に合わせた日焼け止め剤の選び方

紫外線の量や強さは季節、天候、時間帯、場所により大きく違うため目的用途に合わせて選ぶ必要があります。 炎天下および海や山ではPAやSPFの数値が低いものでは紫外線を防ぎきれません。従って、SPFおよびPAは高いほど紫外線を防ぐ能力は高くなりますが、成分によっては肌に負担が掛かる場合もあるので注意が必要です。又、紫外線過敏症等の疾病に伴う紫外線に特に敏感な方は医師の指導に従ってください。


 

 

日焼け止め剤で重要な紫外線散乱剤の分散

日焼け止め剤は「ムラ焼け」しないように紫外線散乱剤を均一に分散させる必要があります。アセント石鹸は京都大学との産官学連携による研究をベースに10年を経て紫外線散乱剤を均一に分散させる独自技術の開発に成功しました。酸化亜鉛は100nm以上の非ナノ粒子で触媒活性が低く、肌に優しい反面でナノ粒子に比べて表面積が小さいですが、二次凝集を防ぐことで分散性に優れた紫外線遮断機能を有します。これにより防御膜が隙間なく塗れるため「ムラ焼け」を防ぐことができます。

 

 

曇りの日や室内でも危険!

UV-Aは大気層(成層圏オゾン層)によって減衰が少ないため曇りの日や室内でも紫外線は肌に影響を与えます。又、夜は大丈夫と思われがちですが、スマホやタブレット、PCのモニターからのブルーライト(395〜490nm)も紫外線に近い可視光線のため、日焼けの可能性が指摘されており注意が必要です。


 

 

光毒性

光毒性とは、フロクマリン(ベルガプテン)という柑橘系の成分が紫外線エネルギーを蓄積して、皮膚内部に放出され短時間で日焼けを起こすものです。特にベルガモットは強い光毒性があることで知られています。光毒性の成分が入った化粧品や石鹸を知らずに長期間使い続けると消えない程のシミができてしまう危険性があるので注意が必要です。 


 

 

光毒性のあるエッセンシャルオイル

 

● ベルガモット

● レモン(圧搾法)※

● ライム(圧搾法)※

● グレープフルーツ

● オレンジ・ビター

● アンジェリカ・ルート

 

※レモンやライムは圧搾法に限りフロクマリンが含まれており、水蒸気抽出法で製造されたエッセンシャルオイルには含まれていません。又、フロクマリンフリーの精油は光毒性はありません。

 

光毒性のある石鹸や化粧品

特に東南アジアで製造された石鹸にベルガモットやグレープフルーツの入った商品がありますが、日本でも過去に、ベルガモットやグレープフルーツを配合した商品が販売されていました。又、個人が趣味の延長で無許可で製造してインターネットで販売されている手づくり石鹸も同様に注意が必要です。

 

 

 

グレープフルーツは朝食べると危険!

日焼けを起こすのはフロクマリン成分が入った化粧品や石鹸だけではありません。朝食にグレープフルーツを食べてから日に当たると日焼けを起こします。食べてから6時間程で影響がなくなるため、夜に食べるのは大丈夫です。 

 

 

 
UVミルクの特徴と使い方